問題行動対策

吠え(恐くて)
神経質な犬は些細なことにも警戒してしまいます。
恐くて吠える犬に対して怒りつけてしまうと余計に恐がらせてしまい悪化させてしまいます。
例えば来客に対して吠えてしまう神経質な犬に対していつも怒鳴って対処していると犬からすれば「来客が来ると飼い主に怒られる」と学習してしまい、来客が来るたびに緊張してしまうようになってしまいます。
恐くて吠えてしまう犬には恐がらないように良いイメージを付けてあげるようにしましょう。
すぐには結果が出ませんが、時間をかけてゆっくり進めてあげましょう。
パピーを迎えたばかりの場合は社会化期のうちにたくさんの刺激に慣れさせてあげましょう。
吠え(強気に)
恐くて吠える犬とは別に相手に対して強気に吠える犬がいます。
例えば来客時や散歩中の他犬とのすれ違いの時に自分の群れやテリトリーを守るためにケンカを売るように吠えかかる犬がこれにあたります。
このタイプの犬は家庭内でわがままを言いやすい立場にいることが多く犬が主導権を持っていることで自己主張が強くなっていることが原因です。
その為、飼い主がリーダーになって「吠えてはいけない」ということを要求してあげなければいけません。
それには毎日のお散歩などから主導権を取っていくことが大切です。
咬み(恐くて)
咬みの相談を受けるケースというのは実は恐がりな犬の場合がほとんどです。
極度に恐がりな犬や人に対して不信感を持っている犬は追い込まれると身を守るために攻撃に出ます。
そうして何度か身を守ることに成功すると「嫌なことがあれば咬めば逃げられる」と学習してしまい自信を持って咬むようになってしまいます。
このケースには叱って止めようと思っても逆効果になるので気を付けましょう。
まずは咬まれるシチュエーションを作らないことが大切です。
少しずつ時間をかけて人や近づく手に対して良いイメージを付けてあげましょう。そうして犬が我慢できる許容範囲を広げていきます。
同時に日頃の扱いから主導権を取っていくようにしましょう。犬は一目置いている相手には強気に出にくいです。
咬み(強気に)
犬の中には生まれながらに負けず嫌いな個体もいます。
そういう犬は他者に主導権を握られ自分の思い通りにならないことを嫌います。
なんとか自分の主張を通そうと抵抗し、時には歯を当ててくることもあります。
そして「歯を当てれば自分の主張が通る」ことが分かるとより自信を持って咬むという手段を取るようになります。
このタイプは若いうちから人に従うことと我慢することを教えましょう。
咬まれてしまっては主導権を取れないのでヒールウォークや基本トレーニングから始めて徐々に主導権を取っていきましょう。
関係性が出来てくると悪い態度が出た時にも止めることが出来るようになってきます。
無理せず進めていきましょう。
飛びつき
人に飛び付く犬の目的は明白です。
彼らの望みは“人に構って欲しい”これだけです。
つまり「飛び付いたら構ってもらえない」ということを教えてあげられれば止めさせることが出来ます。
具体的には飛び付いて来たときには否定的な態度を取り、逆に側に来たら座ることを褒めてあげると“構って欲しいから座る”という行動を取るようになります。
これを色んな人に対して練習しましょう。
引っ張り
引っ張りは代表的な犬の主導的行動のひとつです。
犬が行きたい方へ飼い主を引っ張るということなので主導権は犬が持っていることになります。
このような散歩を続けていると犬がわがままを言いやすい関係性ができ、他の部分でも問題行動が出てきます。
逆に引っ張らせないように歩く習慣がつくと問題行動を軽減することが出来ます。
散歩中はリードを張らないようにして歩きリードが張りそうになったらチェック(否定的な合図)を使って、犬にリードを張らないことを教えてあげましょう。
リードを噛む
リードを噛むのも犬の主導的行動のひとつです。
リードというのは犬の自由を奪う為の道具です。その為支配的な犬はリードを着けられることを嫌がります。
そしてなんとか自分の思い通りにしようとリードを噛んで飼い主に主導権を取られまいと抵抗します。
もしあなたの愛犬が散歩中にリードを噛んで引っ張るなら直ちに止めさせて主導権を取り返しましょう。
マウンティング
マウンティングには次のような意味合いがあると言われています。

・相手よりも自分の方が優位的立場だと示す行為
・「これは自分の所有物だ」とアピールする行為
・犬同士の遊戯行動として単にじゃれあっている行為
・飼い主に不満がある、構って欲しいと主張する行為

いずれにせよマウンティングをする犬は自己主張が強い傾向にあるので主導権を握られないよう日頃から注意する必要があります。

マーキング
トイレは覚えているはずなのに室内の壁や家具にオシッコをかけるとしたら要注意です。
支配的な犬は周囲に自分の匂いをつけることで自信を付け強気になります。
飼い主は犬がマーキングをしようとしたら直ちに注意しなければいけません。もし失敗してしまった時はすぐに匂いを消しましょう。
マーキング癖がある犬は飼い主が見ていられないときはなるべくフリーにしないようにしましょう。
もしトイレをしっかり理解していなく失敗してしまうのであれば怒ってしまうことで人の前ではトイレを我慢してしまうかもしれないのでまずはトイレトレーニングをしっかり教えてあげましょう。
トイレトレーニング
トイレトレーニングの最大にして唯一のポイントは“失敗をさせないこと”です。
多くの飼い主はトイレが出来ていないのに犬を室内で放し飼いにしてあちこちで失敗させてしまいます。
まずはクレートに入れて行動を制限しトイレを我慢させます。
そして排泄のタイミング(起床後、食後、運動後)を狙ってトイレへ連れていき(この時サークルの場合は入口から入れるようにしましょう)排泄が出来たらたくさん褒めてあげます。成功した後なら多少フリーにして遊んでも問題ないでしょう。
繰り返す内にトイレに乗せてから排泄するまでの時間が短くなり、自分からトイレに入ろうとするようになってきます。
徐々に離れたところからでも自分からトイレに入るように練習していき行動範囲を広げてあげましょう。
排泄のチャンスは一日に何度もないので定着するまでには時間がかかります。
まずは1ヶ月絶対に失敗させないつもりで管理してみてください。きっと成果が出てくるはずです。
フリーにするのはトイレが出来るようになってからにしましょう。

Copyright© ドッグトレーニング ナカムラ , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.